2007年11月24日

何故か脳裏に出てくるクレーの絵・・・

この頃、クレーの絵が頭によく浮かびます。その絵は、『セネキオ』です。この作品は日本語で、野菊という意味だそうですが、絵そのものは野菊とは、ほど遠いあどけない子供の顔とでも言いましょうか、明るいオレンジ、ピンク、朱、紫、赤といった色彩で包まれています。

この作品に出合ったのは、随分前になりますが、中央公論社の画集にも入っています。クレーの絵が好きになったのは、私の性格として『埴輪』のような、素朴な表情が好きだったからでしょう。

ですから、最初に気に入ったのはこの、『セネキオ』です。しかし、作品の名前なんてどうでもよいのです。もともと作品名なんてものは、管理する上で必要なものだからつけている程度としてか見ません。本質は常に作品にあるのです。

例えば、音楽にしても作品名というのは、クラシック音楽の場合、殆ど後世の人が勝手に付けたものですから、当てにならないし鑑賞の妨げになります。

何故、クレーの絵が好きなのか?という事に関してもうひとつ上げられるのが、彼の作品を見ているとなんだか、古代のイメージも出てくるところでしょう。

日本の古墳にも、壁画が発見されていますが、その中でクレーみたいな素朴な表現を多く発見します。そして、それはまさしくクレーだと思うのです。

古代の人の素朴さとクレーの素朴な心が同一であると信じることのできる・・・そんなところが好きなのです。

そんな、素朴なクレーの作品を見ますと絵画は、文学よりも表現が無限に広がっていることに気付きます。文学は言葉の集積体ですが、あくまで『言葉』は、記号であり、文章は暗号でもあるわけです。

それに対して、絵画は記号ではありません。また暗号でもありません。解釈など存在しないのです。描きたい人が描くままに・・・見る人が見たいままに・・・以心伝心でファージに相互交信をするのです。

ですから、答えなんぞありません。受けるとめる人の心に対していろんな想いが宿るだけです。そんなところから、クレーの作品を見ますと、作品の中には、初期の写実の絵もありますし、具象画もあり、そして古代文字を書いたような意味不明の抽象画もあります。

クレーの絵には画家としての描くことに対する真摯な取り組みがあると感じています。それは、制作されてゆく作品の変化を読み取ることでわかります。

表現に対する取り組みとしては、精神性すら感じられます。画家として、ミロの作品と近似した作品も見受けられますが、ほぼ同世代の画家ですから、双方の影響もあったでしょう。

たとえば、ミロの1953年頃に描かれたものと、クレーの1940年に描かれた『鼓手』という作品などは、趣が同じです。おそらく、クレーに影響されたのでしょう。

クレーの絵画が私の脳裏に浮かぶ唯一の理由は、古代への回帰を心で想っているからではないか?と、昨今気付いたところです。

by 大藪光政
posted by ゴヤの弟子 at 18:49| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

ルノワールの絵について・・・

ルノワールに影響を受けた日本画家として、梅原龍三郎がいますが、梅原画伯は、ルノワールに直接指導を受けていますから、その影響から抜け出すのは大変だったと思います。

ルノワールの絵は、日本人になじみやすい絵といえます。それは西洋の印象派の作家が、日本の平面的な画風で、「美」を演じることに感動し、真似をして印象派が出来たことにもよります。

それまでは、西洋の絵は立体的な表現が主であったのですが、日本の水彩画、や水墨画、浮世絵といった淡彩な手法でも十分に、見事に深い精神性までを表現できることを示したからでしょう。

ですから、印象派の作品は、日本にとって逆輸入みたいなものです。しかし、近代の日本画壇においては、油彩のマチエールとしての表現力に大変魅力を感じたのでしょう。青木繁、黒田清輝といった画家は、こぞって油彩を学びましたから・・・やはり、油彩のマチエールには、ひとつの魅力があるのです。

その理由のひとつに日本画は、裸婦なんぞはほとんど描かれていませんが、西洋画は、裸婦は絵描きとしては、たいていの画家が描いています。

すなわち、裸婦を描くには、あのこってりとした油彩が一番なのです。それはリアリティがありますし、色彩の輝きといったものがあります。

この色彩の輝きを一番納得するには、カラーで印刷された画集でルノワールの絵を見るよりも、実際に本物の絵を見ることで、とても大きな違いがあることに気付きます。

たとえば、ルノワールの「草を持つ少女」の絵を画集で見ていて、美術館でそれを鑑賞したとき、思わずため息が出るでしょう。

その少女がいきいきと描かれており、その少女の魂があるのを感じるはずです。これは、やはり油彩ならではです。ただし、ルノワールのような繊細な筆のタッチのマチエールだからこそといえます。

ルノワールの色彩と筆のタッチは日本人を魅惑する魔法のタッチだと思います。梅原画伯が、そのタッチを真似してもなかなか、そうはなりません。

それは、技術だけを真似ても、そうはならない何かがあるのでしょう。やはり絵を描くという行為は、技術を超えたところにあると思います。

by 大藪光政
posted by ゴヤの弟子 at 18:33| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

ゴヤという画家について

ゴヤの『裸のマハ』と『着衣のマハ』の絵が如何に素晴らしいものであったかは、その絵を観た人にしか、決してわかりません。美術書などで見ても、ゴヤの描写は本当には、決して伝わっては来ません。キャンバスのサイズは、97×190cmですから、丁度畳一枚分です。それが、二枚掲げられているのを観ますと、まるでそこに生き生きとした不滅の笑みを浮かべたマハが、時代を超えて不老不死で存在している誠に不思議な感覚に捉われます。

『裸のマハ』と『着衣のマハ』は、まさに、ゴヤの作品中では傑作中の傑作でしょう。ゴヤの絵で、最初に驚かされるのは、彼の写実を超えた描写です。例えば、『瀬戸物売り』という作品は、さりげなく瀬戸物が陳列していますが、この作品を観て驚くのは、いくら眼をこすっても、本物の瀬戸物が絵の中に存在する錯覚が起きます。それぐらい彼の描写は恐ろしいくらいリアルなのです。

しかし、彼の絵はキャンバスに描かれたすべてをリアルに描くのでなく、一部をそうして描くところがあるのです。「近代美術はゴヤの自由から生まれた」とアンドレ・マルローは言っていますが、まさしくゴヤは旧体制から革命の時代を生抜いています。

彼の作品には、宮廷の肖像画が多くありますが、そうしたものからの内なる嫌悪感から、様々な彼独自の告発的絵画が生まれていきます。

「プリンシペ・ピオの丘での虐殺」では、市民を銃殺しょうとする兵士の絵が描かれています。この両手をかざした市民の悲愴な顔を観たとき、ピカソのゲルニカの絵を不思議と思い出しました。直覚ですが、ピカソはこのゴヤの絵をふと想ったかもしれません。

ゴヤの心は、宮廷から市井へと向かって行ったようです。しかし、それとともに彼の絵は『サン・イシートロ祭』とか『スープを飲む二人の老人』など彼の美しい色彩が徐々に暗い色彩へと変化していきます。

彼の『犬』という作品は、大きな余白の下に首だけをちょこんとのぞかせているその表情を、『余白』という表象で犬の心の心細さや、むなしさが表現されていてこちらの心に良く伝わってきます。それは彼の心を表しているかのようです。

彼の作品の中で『わが子を喰うサトゥルヌス』という作品がありますが、この作品と『裸のマハ』と『着衣のマハ』の作品との落差に大きなショックを受けます。

何か、人間のおぞましい「some thing」を予感させられます。私たちの身近なテレビニュースで、お金欲しさに平気でわが子を殺す世相は、『わが子を喰うサトゥルヌス』以上のものですから、現代はもっともおぞましい時代の中に入っています。今を如何に生きて行くかは畢竟、個々の課題として克服して行くしか道はないようです。 by 大藪光政
posted by ゴヤの弟子 at 17:37| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。