2007年08月06日

ゴッホのひまわりの絵について

兄が大切にしているゴッホの画集は、当時私が小学校四年生の頃に買ったものですから・・・今から約四十七年前ぐらいですか・・・当時としてはカラー印刷での画集はとても貴重なものでした。

その画集で、兄が模写した麦畑や糸杉の絵は兄の模写を見て感動したものですが、どういうわけか、ひまわりの絵を見て「なんとへたな絵だろう・・・」と思ったものです。それはひまわりの写実というより具象的絵画で色彩的にも納得がいきませんでした。

しかし、社会人になって美術館で見たときのひまわりの絵は、人をひきつける何かを持っていました。恐らく、当時の写真画集では色彩が劣っていて実物の生々しさを伝えることは出来なかったのだろうし、複写では伝えられない何かがあると思います。もし、あの時ひまわりの原画に出合っていればゴッホの絵に対する見方がもっと早くに変わっていただろうと思います。

ゴッホが切り開いた絵画芸術は日本の平面的なものから発した自己の想像力を最大に表現したものですが、画家の精神的想いを絵に表現することで自我を芸術として具現化したものであると思います。

絵画鑑賞はやはり、原画に接することが大切ではと思っています。それは後に見ることになるゴヤの『裸のマハ』でも実証されました。それはとても私に大きな感動をもたらしました。

by 大藪光政
posted by ゴヤの弟子 at 17:27| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。