2009年09月22日

阿修羅展を観てから・・・



久し振りに、このサイトに投稿します。
先月の八月四日、九州国立博物館に阿修羅展を観に行きました。

今頃になってその感想を書くのもなんですが、ニュースで、九月の最終日頃になるまで何十万人もの多くの人が見物に来訪していることを聞くたびに、あの"物寂しい顔"を思い出し、ちょっとブログに書いてみようか?などという気持ちになりました。

朝日新聞社から招待券を頂いたので行こうとした矢先に、七月末の大雨で高速道路の九州縦貫道にて太宰府間が不通になり、博物館駐車場も一部使用不能となったこともあって、八月の初めに行きました。

道中は、いつもはスムーズに流れている通常の道路も、博物館の近郊は混雑していて、通常の倍の時間が掛かりました。駐車場へ行く途中は、満車の看板と、手前での駐車を勧誘する看板が立っていましたが、午前中でもあったし、そんなに込んでいないだろうと思って行けるところまで行ってみましたら、なんなく、すぐに入り口の中の駐車場まで行くことができました。

もともと、人混みが大嫌いですから、平日の午前を狙って行ったので、まずまずでした。しかし、館内はやはり人は多く、阿修羅の立像があるテーブル周辺は混んでいました。しかし、無理することなく鑑賞することができました。

展示は、阿修羅だけでなく、八部衆像と十大弟子像なども展示されていて、これらの仏教美術品を360度の角度から観ることができるのは、稀なことのようです。他にも四天王像や釈迦如来像の頭部、中金堂の鎮壇具なども展示されており、当時の技術力の高さを知ることが出来てすごいなあ〜と感心しました。

今となって印象に残ったのは、やはり、阿修羅と迦楼羅(かるら)でしょう。迦楼羅のような鳥頭人身像は、鳥獣戯画を彷彿させるような奇怪な顔をした像なので心に留まっています。

阿修羅の顔の表情は、見る人によって解釈が色々あると思います。{{keyword:私}}の場合は、なんだか"不安そうな心配顔”といった感じがします。

それは、科学技術がこんなに発達して生活を豊かにし、病を克服する医学も進歩したのにもかかわらず、本当に幸せなのか?といった疑問に通じているような社会不安状況を指摘しているようです。

何十万人もの人が、この阿修羅を見に来る動機も、ある意味で社会的不安から、本物を求める気持ちと、どこかで繋がっているような気がします。

しかし、その阿修羅の顔を見ても、やはり、不安な顔をしているのですから、その不安げな顔を見て、自分を発見したような気持ちで皆さんは安心して帰るのかな?と、思わないわけはないですね。

まあ、見方は人それぞれなのです。見方によっては、物寂しげな風にも感じられますし、悲壮感もあります。

面白いことに、顔の半分ずつ表情が違うというこを、画像解析で確認できましたが、半分は、少しぼやけたところがあり、その目が潤んで見えるようです。これが、阿修羅を傑作な作品に仕立てた仕業なのかもしれません。

日本人は、こうしたマイナーな表情が、音楽で言うと短調の調べが好きな国民ですから、やはり、多くの共感を得られるところでしょう。

昨今の不況においてこうした慰みが大いに受けるところかもしれません。こうした仏像の加工技術は世界に類のない特殊な技術ですが、これが今日まで維持されてきているのに驚嘆するしかありません。

仏教美術がいつの間にか、信仰心のない人々までに共感を得ているというのは、まさに、本物と言わねばならないでしょう。

by 大藪光政
posted by ゴヤの弟子 at 16:46| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

画家によっていろいろある絵心・・・



先日、このブログサイトをauさんが一方的に削除してしまいました。当の書き込み者は、そのことにまったく気付きませんでした。たまたま、知り合いから連絡がありました。

理由は、私の携帯からのアクセスがなかったから?というわけのわからない理由で、担当者も論理的な説明がつかないわけのわからない理由によるものです。

「auの携帯をずっと使っているのに、何故だ!」と怒っても、「すみません」の一点張り。どうも、このサイトの使用条件が特殊であることは、間違いないようです。これだと、まったくフリーのブログサイトがましである。

恐らく、書き込みブランク期間が長かったからだと思いますが、でも、そういう理由だとも言わない。まあ、住み心地の悪いところは、早めに引越しするに限ります。

それと、頭にきたついでに付け加えると、auさんは、どうも『縦割り行政』を採用している会社のようです。やはり、マンモス会社はそうなりますね。風の通しが極めて悪い・・・。

それで引越しをする手筈を、そのうち採るつもりです。

さて本題に入ります。先月、朝日新聞社より、美術展の招待券を頂いたので、北九州美術館に行ってきました。芸術院会員で、(某)展常務理事もされています現存の方ですから、(某)画家とさせて頂きます。

美術展の副題が「華麗な女性美」そして、メインタイトルが、「永遠の女神展」とされていました。館に入ってみると鑑賞者は、女性が多かったですね。

この方の習作から現在までの画業がひと目でわかる展覧会でした。そして、ご本人は、北九州ご出身なので、当会場にて、ご婦人とのツーショット撮影も応じておられました。きさくな方のようです。

さて、この美術展を観て感じたことは、「服飾の美」というタイトルであれば納得だったのです。華麗な女性美とは、華麗な服飾を着た女性のことを指すといいたいのでしょうか?そして、永遠の女神とは、華麗な服飾をまとった、(某)画伯の奥さんのことを指すのでしょうか?

それだけ服飾に対するこだわりを、(某)画伯はお持ちだったようです。服飾をカメラで撮るよりも絵筆で表現した方が如何に華麗であるかを知らしめることには成功しています。

こうした高度な技術に到達する努力には、(某)画伯に対して、ただただ頭が下がります。とても素人では、その困難さがわからないものです。

しかし、気になったのは、奥様をモデルにされているお顔の表情がどれも、まるで『人形』のように、無表情なのが気になりました。

それは、モチーフを服飾においているから、わざとそうされたかもしれません。
テーマーは、『服飾の美』なのでしょう。二頭追うものは一頭も得ずですから。

でも、私は欲張りだから二つ欲しかった。つまり、『生きた存在感』が、どうしても私には欲しかった。一点だけでもいいから・・・。期待して観て廻った・・・残念ながら、どの絵を見てもそれが希薄でした。ゴヤの『着衣のマハ』のように、じっと私を見つめるような存在感が欲しかった。ここまで優れた筆力をお持ちなのに何故そうした描写をされないのか?不思議です。

それは、ルノアールの少女の絵にしてもそうです。じっと私を愛くるしく見つめている・・・写真などでは限界のある・・・絵筆による創出された存在感。

それさえあれば、私は感動して帰ったでしょう。

by 大藪光政
posted by ゴヤの弟子 at 06:28| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

坂本繁二郎の絵について想うこと・・・

坂本繁二郎は、八女の出身です。八女は私の父の実家があるところなのでなんとなく、親しみがあるふるさとなのです。八女の由来は、わが国最古の歴史書「日本書紀」に”この地方に女神あり、その名を八女津媛といい、常に山中にあり”という一節があるそうで、これが八女という名前の由来だそうです。

現在は、筑後市、久留米市、八女市とわかれていますが、恐らくこの一帯を指すものだと思います。それは、先ほど八女の出身と言いましたが、厳密には繁二郎は久留米の出身で、私の実家は筑後市です。でも、父は実家の所在地のことを八女といつも言っていました。

自論ですが、芸術としての作品には、かならずその作家の生い立ちが必ず強く影響していると思います。作品の表皮には現れないかもしれませんが、奥深いところに潜んでいると踏んでいます。

繁二郎の『うすれ日』という作品について、漱石が展覧会の批評として朝日新聞に論評している内容で、「・・・牛は沈んでいる。もっと鋭く云えば、何か考えている・・・」といったくだりがあります。

おそらく、この漱石の論評に対して意を強くして率直に喜んだと思います。日本人が水彩から油彩に手を出すということは、単なる技法の切り替えだけでなく、作品の趣までをどう変化させていくのか?といった課題が生じてきます。

油彩は創作過程において、画具の特性から水彩とは違って描き直しが何度でも出来ます。ですから、どんどん描くことで最初とはかなり違った作風になることもありえます。

そうした創作プロセスの違いから描くべき課題と精神との葛藤も日本画とは異なるはずですが、そうした技法を克服していけば・・・畢竟、自身の自由なる精神描写となっていき、西洋だの東洋だのといった画風を超えて・・・あるいは融合されて落ち着くところに落ち着くのでしょう。

画風とは自身の精神がイマージュすることでありますから、その帰着点が繁二郎にしてみれば八女の風土が醸し出した素朴な魂・・・そのものだったような気がします。

そして、私が繁二郎の作品に愛着を覚えるのも、父を育てたその風土そのものだからでしょう。繁二郎の作品は、故石橋氏が石橋美術館を建てて保存されてくださったのですが、父と石橋氏とは一時ではありますが、仕事を共にしたこともあり、それも何かの縁ですので時々そうした思い出話を回想しながら、繁二郎の作品を懐かしく眺めています。

by 大藪光政
posted by ゴヤの弟子 at 11:33| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。